常緑キリンソウ袋方式とaiSave抗菌照明

日昇緑化研究所のホームページへようこそ!

当社は、常緑キリンソウ袋方式とaiSave抗菌照明を主力商品として扱っている会社です。

常緑キリンソウ袋方式は、「無潅水」「雑草がはえず」「土が流出しない」「防水改修が簡単」と
屋上緑化の問題点を解決した屋上緑化システムです。
セダムで失敗した方も安心して御採用ください!

aiSave抗菌照明は、省エネ照明でありながら、
除菌・消臭・防カビ・防汚・花粉分解・抗ウイルス 効果がある人に優しい照明です。
奈良県立医科大学でコロナウイルス不活化試験済み。
LEDの眩しい光が苦手な方も必見です!

常緑キリンソウ袋方式 誕生秘話をご紹介

屋上緑化が本格的に始まる前に、株式会社フジタパラダイスパークの藤田道明さんが、国内で初めてセダム類の大量生産を始めました。

屋上緑化のブームに乗って、藤田道明さん自らが手塩にかけて育てたセダム類が、屋上緑化の為に大量に出荷されました。

しかし、「日本の環境に適応できないセダム」、「屋上でメンテナンスされずに枯れていくセダム」の光景に、藤田道明さんは心を大変痛めました。

それをきっかけに、外来種が多いセダムではなく、在来種で強い植物を求め、国内の様々な場所へ出かけ植物を探し続けました。

そして、多くの植物の中から在来種であるキリンソウの強さに目を付けました。

次に考えたことは、落葉であるキリンソウでは、「秋から冬にかけて緑がほとんどなくなり寂しい」、「なんとか常緑樹の様に年間通して緑がある植物に品種改良できないか」ということでした。

その思いと信念は通じ15年の歳月をかけて、世界で初めてキリンソウの常緑化に成功し、植物特許(品種登録)を取得した奇跡の常緑キリンソウ(トットリフジタ1号及び2号)が誕生しました。

藤田道明さんには、その常緑キリンソウを使って都市部の屋上にローメンテナンスで緑を増やし、環境改善に役立て欲しいという強い願いがあります。

利益を生み経済を成長させる事も必要です。しかし、緑化は条例を守り検査に合格することが目的ではなく、子供達の代まで人が住みやすい環境を維持する事が目的です。

「経済成長」と「人にとって住みやすい環境」が同時にできる世の中を皆さんと一緒に作って行きたいと願っています。そのためにローメンテナンスで緑を維持できる「常緑キリンソウ袋方式®」をご紹介しています。

常緑キリンソウは無潅水でもセダムと違い枯れる心配は不要!
特許取得”常緑キリンソウ袋方式”は、”水やり不要!” ”土が飛散しない!” ”雑草が繁茂しない!” ”日々のメンテナンスから解放される!” そして ”問題になっている大規模改修時の撤去・移動も低コスト!” 初めて見た人がみんな「これはすごい」言ってしまう、不可能を可能にしたこれからの屋上緑化の決定版です!

長文をお読みいただきありがとうございました。これからも私たちの緑化への取り組みを応援してください。そして、常緑キリンソウ袋方式(FTM-NRK)を持続可能な社会の実現にお役立てください!

aiSave抗菌照明は、
光触媒×銀イオンで、10年間ずっとキレイ。

奈良県立医科大学でコロナウイルス不活化の試験済み

コロナ病棟,鉄道,救急車に、各社独自の試験も実施、菌の減少が確認され、採用開始されています。

照明としては高価だと思われる方もいらっしゃいますが、+空気清浄機・アルコール消毒などの効果までを考えると長寿命・マンパワーの削減・容器などプラゴミ削減で費用対効果があるとお感じになり、採用いただく方が増えています。

お部屋の照明として普通にお使いいただくだけで、点灯と同時に自然発生する「光触媒」と「銀イオン」の2つのチカラが空間に広がり、有害細菌やウイルス、臭いの原因物質、カビ、花粉等を除去し、空間を清潔で、より安全なものにします。

点灯と同時に空間全体に銀イオンを放出し効果を発揮する事が、空気清浄機や噴霧タイプと決定的に違うメリットです。空気清浄機等は、機器の回りの空気をキレイにする為、空気の自然対流で空間全体をキレイにするまでに理論的にかなりの時間を要します。また、フィルターを小まめに清掃しなければ、仕様通りの換気性能を得ることはできません。そこまで考えると抗菌照明のすばらしさをおわかりいただけると思います。

大手メーカーが試験している第三者機関で、多くのエビデンスを取得しています。

光源はCCFL(冷陰極管)。LED照明と同等の省エネ性能で寿命も40000時間以上のロングライフ。低コストで長期間の抗菌効果を実現する画期的なライトです。

LEDと違い、ブルーライトの目に突き刺す眩しさがないのも喜ばれています!
天井をよく見る、お子様やご病気で療養中の皆様が多くいる部屋でも「眩しさがない!」と喜ばれています。